豊胸するために必要なポイント

女性であれば、若くて美しく、健康的でいたいと思うのは当たり前のことです。

そんな美容医学の中で乳房外科は確立して需要のある分野です。

特に豊胸手術に関しては過去に行った注入法による失敗を繰り返して行うことがないように慎重に行わなければいけません。

そのために医師たちは次のような点で注意をしています。

 

① バストの関しての十分な知識を行い、それを専門医が行う

② 手術を行う前、十分な検診を行う

③ 手術を行った後、定期検診を行い、分析と反省を十分に行う

④ 術後には乳がん検診を行う

⑤ 安全に手術を行うために、人工乳腺、手術機器を改善したり、開発をすること

 

です。

 

また、豊胸手術をするにあたって必要なことがあります。

それは、

・ 術後のバストが自然に見えること

・ 安全な方法であること

・ バストを傷つけることなく手術を行うことです。

 

前提は、バストを大きくした女性に対して、人に知られないように美しくなれることです。

手術をする側もされる側も、これらをけして忘れないようにして手術をうけるようにしなければいけません。

美しくいるための、若返りの医学

・若返りの医学

お年寄りの治療が老人医療といわれるように、女性を若がらせるために行う治療法が、若返りの医学です。

 

具体的にどんなことをするのかというと、

老化や授乳によってバストが垂れ下がってしまったり、ハリがなくなってしまったものを、若々しくよみがえらせる方法です。

欧米では、若さと健康が重視されることが多いようですから、たくさんの女性がこの治療を受けています。

 

 

・返り咲きの医学

大きなケガをしたとき、機能訓練やリハビリテーションをして社会復帰するために励みます。

それと同じように美容の点でも行うことをいいます。

例えば、乳がんの手術を受けて乳房がなくなってしまった女性が人工的にバストをつくったり、乳がん手術の時に乳首を残すように美容的に仕上げるようにする方法です。

女性がバストを失うということで、気持ち的に引きこもりがちになったり、消極的になりがちです。

しかし、このような手術をうけることによって自分に自信を持つようになるのです。

 

ただ生き延びる。という手術ではなく、より有意義な人生を送れるような医学のことです。

バストを大きくするための美容医学

美容医学には、3つの柱があります。

「生まれ変わりの医学」

「若返りの医学」

「返り咲きの医学」

です。

 

・生まれ変わりの医学

これは、健康な人を今以上に美しくする医学のことです。

一般的には、二重の手術、豊胸術、鼻を高くする手術です。

生まれ変わるというと今の自分とは違う自分になるような気がしますが、そうではなくて、自分自身本来の姿に立ち返るものと考えます。

人間は、生まれた姿が必ず美しいとは言えません。

バストが小さかったり、陥没乳頭だったり、ロート胸だったりして悩まされることもあります。

そういった女性が希望のバストを手に入れることで、生まれ変わったような人生を歩むことができるのです。

そうすることで、より自然体でいることが出来ます。

 

つまり、女性が化粧をしたり、おしゃれをするような感覚で、より幸せな人生を送ることができるための医学といえるのです。

 

あとの、「若返りの医学」と、「返り咲きの医学」は次回で述べたいと思います。

バストを大きくする美容医学

女性であるかぎりは、いつになっても若くいたい、美しくいたい、健康でいたい。と思うのは当たり前のことです。

 

それは、日本だけでなく世界中の女性、老若男女問わず、全人類の願いなのかもしれません。

医学というのは、そもそもこういう不老不死思想から生まれたものです。

中国では漢方医学がありますし、ンドではマーナーニ医学、ヨガがあり、健康になるために今に至って発達してきたものです。

 

それが、世界中に西洋文化が広まったことで医学の世界には西洋医学が一般的になりました。

どんどん発展していますが、病気が治ったとしても患者さん自身の苦痛、悩みに耳を傾けることが出来ないものがたくさんあります。

それは、今でも苦痛を伴う検査があったり、副作用が強い薬から逃れられない事もあり、手術での後遺症に悩まされていることがあります。

これらは今でも批判されているものです。

imgres-3

現代では、ようやく「クオリティ オブ ライフ」(生活の質)という言葉が生まれ、これまでは延命治療を重要視してきた医学に対して、今にいい人生を歩むことができるおか。ということに重点が置かれるようになってきました。

何よりも、自分にとって何が幸せなのか。どうやって死ぬのか。ということを自分自身で選ぶことができるのです。

 

バストを大きくしたいと願う女性たちにとっても若く美しくいてもらうために医学ができることがあるのです。

バストを外科手術で大きくする

◯ 脂肪注入法

最近話題にもなっていますが、お腹や足の脂肪を吸引するダイエット方法があります。

その取り出した脂肪をバストに移し、バストを大きくする方法があります。

これは、一見合成樹脂と比べると安全性が高いようにも思えます。

 

しかし、気になる点があります。

 

・一回で注入できるのはわずかなのに半分は吸収されてしまうため、あまり大きくできない

・何回も繰り返すことで費用がかさむ

・痩せている体型だと脂肪が十分に取れない

 

 

◯ 挿入法

 

人工乳腺をバストの中に直接挿入する方法。

現在行われている豊胸手術のなかで定番になっています。

人工乳腺とは、医療用シリコンのことで、人工関節や人工血管として体内に永久的に入れておくことができるものです。

ですから、異物反応も少なく安全なものです。

 

しかし、100%満足できるというものではありません。

それは、豊胸手術をすることで傷が残ることが当たり、

見た目、触り心地が不自然と感じることがある。という点です。

 

バストを大きくしたいと願う一方で、副作用があったり、満足できない結果になってしまうと、心にも傷が残るかもしれません。

バストを人工的に大きくすることには少なからずもリスクがつきものなのです。

バストを大きくするための方法

◯ 合成樹脂注入法

これは戦後直後に美容手術で行われてきた方法です。

豊胸するために直接バストに合成樹脂を注入するのです。

 

痛みが少ない上に簡単にできる方法ですから、たくさんの美容整形外科に女性が駆け込んだそうです。

しかし、多くの医師がその豊胸手術において疑問視されていたものでもあります。

ですが、実際にはたくさんの女性がこの方法を受けたようです。

 

その結果、手術を受けてから数年もたたないうちに、手術を受けた多くの女性のバストが硬くなってきたのです。

合成樹脂が皮膚にはみ出しクレームの嵐。

また、死亡者も出ましたから、すぐにブームが去って行きました。

 

多くのこの方法で手術を受けた女性は悩み続け、今でも後悔している女性がたくさんいるのが事実です。

 

美容外科手術の歴史の中では、汚点として今でもたくさんの女性や医師の記憶に残っている方法です。

 

いくら豊胸方法のブームが来たとしても、安全栓が確立していないものは大変危険です。

自分の体は自分でしっかり守っていきましょう。

身近なものでバストを大きく!

◯ 豊胸用器具

胸筋を鍛えるための器具や、バストをマッサージするための器具があります。

また紫外線やレーザーによってバストに刺激を与える器具もあります。

だいたい3タイプに分かれます。

これらは通信販売でよく目にしますが、効果はあまり期待できるものではありません。

 

◯ ホルモン注射

ホルモン注射は、美容外科や婦人科で豊胸するために女性ホルモンを注射する方法を摂っているところがあります。

確かに、ホルモン注射をすることでバストが大きくなることがあるのですが、使用をやめた途端に授乳後にように萎縮してしまうのです。

ですから、長い間打ち続けなければいけないという特徴があります。

しかし、女性ホルモンを長い間打ち続けることで副作用がありますから注意しなければいけません。

副作用であげられているのは、生理不順、不正出血、腰痛、肩コリ、腹痛、ニキビ、食欲不振、乳輪の色素沈着、多毛などです。

 

これらの副作用はホルモン注射をやめたからといってすぐに治らないことがあります。

ですから、豊胸のためにホルモン注射をすることはやめておいたほうがいいでしょう。

手軽にできる豊胸法!

バストを大きくしたい!と言っても、

エステ、美容整形外科など、お金がかかってしまうものもたくさんあります。

どうするか迷ってしまいますよね。

 

そんな人は、まず手軽にできる豊胸法を試してみましょう!

どれくらい効果が期待できるのでしょうか?

 

 

◯ 美容体操、ヨガ

バストを大きくするには運動もいいですね。

乳腺を大きくするのではなく、筋肉を鍛えるのです。

もちろん、胸筋を鍛えることでバストは大きくなるはずです。

しかし、乳房は相対的に小さくなることを知っておきましょう。

鍛えすぎると逆に乳房がなくなってしまうのですよ。

ですから、適度な運動で筋膜の緊張を保って、バストを老化させないようにするのです。

 

 

◯ マッサージ

マッサージをすることによって脳が刺激されてホルモンが活発化してきます。

バストの成長期である思春期だと根気よく続けることで多少は大きくなるかもしれません。

しかし、成人になっている女性ならそれほど期待はできません。

 

 

◯ 豊胸用クリーム

雑誌などを見ていると、たまにバストが大きくなるようなクリームが紹介されています。

医療用ではありませんからさほど効果は期待できません。

しかし、ホルモンエキスが入っているようなクリームであれば、多少は効果を期待できそうです。

皮膚のかぶれ等気になる人は注意が必要です。

ペチャパイって何?

ペチャパイって聞いたことありますか?

きっと女性なら知っていますよね。

 

ペチャパイは、日本人の女性に多い悩みです。

それはどうしてなのでしょうか。

 

日本人の女性はバストが小さいものです。

実際にはそうでない人もいますが。。。

 

小さいなバストは医学用語で言うと、「乳腺低形成」といいます。

ずばり、発達の悪い乳腺のことです。

 

乳腺は、女性ホルモンによって発達していくのですが、日本人は女性ホルモンが不足している?と思わないでください。

そうではありません。

 

まずは、欧米人と比べると体格に違いにあります。

 

欧米人は中心性肥満型といわれる体型で、脂肪の多くがバストやヒップなどの胴体の部分についてきます。

ですから、ビア樽のように太っているにも関わらず、手足や膝下が細いことがよくあります。

imgres-2

それに比べて、日本人は下半身肥満型になり、おしりから下に脂肪がつくタイプです。

ですから、上半身はバストが小さくなで肩、でも、下半身は太めというアンバランスな体型になります。

そして、太ってくるときは下半身が太くなり、痩せるときは上半身から痩せてくるのです。

だから、バストが小さくなってしまうのです。

乳がんに気をつけよう!

バストを気にする人にとって乳がんは切っても切れない関係です。

 

そもそも生理や結婚することにも関係があるものなのでしょうか?

 

人によって初潮が早く、閉経が遅い人がいます。

そうなると、女性ホルモンと密接に関わる時間が長くなりますから乳がんの危険性が高くなります。

 

また、結婚していない人、高齢初産、晩婚の人にも乳がんが多くなるといわれています。

それは、おそらく女性ホルモンがアンバランスになるからだと言われています。

 

 

身内に乳がんが多い人も要注意です。

乳がんになる発生率が大変高くなるのです。

imgres-1

乳腺症と乳がんの関係はどうでしょうか。

乳腺症になると、それが乳がんになる。ということはありません。

しかし、乳腺症になるということは年齢的に見ても女性ホルモンがアンバランスになるからですから、けして関係のないものではありません。

少し乳がんになりやすいと考えておいていいでしょう。

また、乳腺症になっていることで自己診断でのしこりの検査がわからなくなります。

ですから、定期的に乳がん検診を受けることが大切です。

 

バストアップサプリ副作用navi!効果は出たけどプエラリアの危険な飲み方と効果を知ることでバストアップサプリの副作用を回避しましょう!